これさえ守れば理想の住まいが完成!?建てて良かった思える注文住宅を実現するコツなどをご紹介します!

多くの方の目標でもある注文住宅を失敗しないように建てるためには、事前にハウスメーカーに相談する前に、さまざまな事を想定して建築する必要があります。
それをしっかりと守れば、納得の行く家を建てることが出来るでしょう。
そのためにはそれを実現するためのちょっとしたコツがあります。
そのコツをご紹介していくので、興味のある方はぜひここでの説明をしっかりと実践して、自分の理想とする家を建築できるように勉強してください。

これさえ守れば理想の住まいが完成!?建てて良かった思える注文住宅を実現するコツなどをご紹介します!

近年は家を購入する場合であっても、自分でさまざまな事を決めなければならない注文住宅ではなく、元からハウスメーカーが土地と建物を建築している建売住宅が主流となっているのが現状です。
しかし本当に理想とする家を建てるのであれば、やはり注文住宅を選ぶ事をおすすめします。
注文住宅に最も大切なのは、自分の身の丈に合った中で家を建築するようにすることです。
その中で理想の家を建てることが、失敗しない最大のコツと言えるでしょう。

注文住宅のデザインはトレンドよりも定番がおすすめ

注文住宅のデザインは様々なものがありますが、時代によってトレンドは変わってきます。
近年ではシンプルナチュラルなものが人気ですが、南欧風やアメリカンなども人気です。
しかし、注文住宅はトレンドよりも定番のものがおすすめです。
歳と共にトレンドは廃れていく上、年齢を重ねるとデザインが華やかすぎて落ち着かないなどの状態になってしまうことが考えられます。
そのようなことを避けるためにも、歳を重ねても落ち着く定番のものが無難です。
人気が高いものとしては、シンプルナチュラルが挙げられます。
自然に囲まれて暮らすというスタイルが注目されていて、自然に馴染みやすい外観と、自然素材を利用した暖かみのある住宅は幅広い世代に人気が高いです。
安定した人気といえば、モダンスタイルも挙げられます。
モノトーンでまとめられているため、洋風にも和風にも合わせやすくなっています。
スタイリッシュで都会的なイメージですので、長く暮らしやすいスタイルといえます。

人気の要素も採り入れながら作る注文住宅

分譲住宅と注文住宅と、新築の一軒家を購入する時には選択肢は2つあります。
どちらもメリットとデメリットがありますので、ニーズに合ったところを選んでいくというのがポイントとなるでしょう。
注文住宅は間取りや内装や外装、外構や様々な事を1から決めていくことになりますので、打ち合わせの回数も多くなれば時間もかかります。
決めなければならないことも多々出てきますし、迷った時には予算内で任せるということも出来ますがそれもしたくないとなれば大変です。
自分達だけで考えられない時、また口コミで高評価されている物を導入したいという事であれば人気のある要素をとりいれながら作っていくというのもお勧めです。
アイディアは色々とありますし、他の方が行った何かを参考にするのも一つの手段です。
また反面教師で悪い口コミであったりやらなければよかったというものも、声として参考になります。
そういった物は導入しないようにすると安心です。

セミオーダー・フルオーダー・企画住宅の3種類がある注文住宅

新築一軒家を購入する際には大きく分けると、選択肢は分譲住か宅注文住宅かに分けられます。
分譲住宅は全て規格が決められていて、出来上がっている物を購入するか間に合うようであればオプションを少し追加出来たり変更できる可能性もあるか無いかという感じです。
一方注文住宅は基本的に色々決めることが出来ますが、こちらも種類はセミオーダーかフルオーダーか、そして企画住宅かと3つに分けられます。
予算はフルですと1番かかりますが、1から全て決めたいという事であればフルを選ぶのが理想です。
予算に合わせて企画住宅を選ぶというのも選択肢の一つではありますし、こちらは決めることが苦手という事であれば選ぶ価値が有ります。
選択肢が用意されていてその中から選ぶことが出来たりしますので、ある程度の事は選べますし分譲住宅とは全く違います。
良いとこどりをしているという考え方も出来ますし。
選んで良かったという満足している方の声も多いです。

広さとZEHは注文住宅のトレンド

注文住宅というと自由度の高さが注目を集めますが、トレンドといえば広さとZEHを挙げられるのではないでしょうか。
広さというのは文字通りの意味で、具体的には広々とした開放的な空間を指します。
天井の高さもそうですが、大きな窓を設けたり梁が目立たないつくりにするのも近年の傾向です。
もう1つのトレンドのZEHは、ゼロエネルギーハウスのことで、消費するエネルギーを抑えたり消費分を生み出して差し引きゼロにするのが特徴です。
その為、注文住宅では断熱性と気密性が重視され、計画的な換気もセットで設計に組み込まれることが多いです。
一方では太陽光発電システムも定番中の定番で、日中に生み出された電力は蓄電池に蓄えられて夕方以降の電力を賄うことになります。
ゆとりと無駄なく合理的に暮らせる注文住宅は、忙しい現代人にとって住みやすく、魅力的な住宅となっています。
これからの時代は、持続可能な社会を考えなくてはいけないので、環境負荷が抑えられる注文住宅が人気なのも頷けるのではないでしょうか。

著者:杉本芳

筆者プロフィール

岐阜県岐阜市生まれ。
理想の住まいを建てるために、おすすめのデザインや注文住宅の魅力について執筆しています。
低価格の注文住宅